ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE

English


12月の新商品登場とイベント開催のお知らせ

12/12/03 3:06 PM
Category: NEWS

12月1日(土)より、新商品が登場しました。
ginza_2012dec03_480.jpg


Magic X'mas SPECIAL EVENT
12月15日(土)18:00ー20:00

12月15日(土)には、Magic X'mas SPECIAL EVENTとして、遊び心をプラスした音楽とマジックのクリスマスイベントをお届けいたします。みなさまのお越しをお待ちしております。
(スタンディングでの開催となりますので、あらかじめご了承ください。)

18:00ー JAZZライブ / ai kuwabara trio project
ピアニスト・桑原あいとベーシスト森田悠介による、アグレッシブで独創的な世界観に、クリスマステイストをミックスした演奏で会場を盛り上げます。
ginza_2012dec03_03.jpg
1991年生まれのピアニスト・桑原あいのオリジナル楽曲を、ベーシスト森田悠介共同プロデュースのもと、ピアノトリオフォーマットで演奏するためのJAZZプロジェクト。2012年11月7日ファーストアルバム『from here to there』発売。
>> http://www.aikuwabaratrio.com
※ 演奏はピアノとベースのデュオです。


19:20ー マジックショー / コバヤシ ユウジ
至近距離でマジックを披露する、クローズアップ マジックをお楽しみいただきます。
ginza_2012dec03_02.jpg
学生時代はメディアアートを学び、現在、東京工芸大学芸術学部 非常勤講師として映像に関する教鞭も執る。2007年東京都公認大道芸人「ヘブンアーティスト」。
>> http://www.magickoba.com

Magic X'masスタート

12/11/14 1:35 PM
Category: NEWS

“Magic”をテーマに展開するISSEY MIYAKE INC.の2012年クリスマス。ELTTOB TEP ISSEY MIYAKEでは、『束の間のかたち かがやきの詞』と題したウインドウディスプレイとともにスタートしました。各ブランドからはシーズンにぴったりの商品や、Magicをテーマにしたアイテムも登場。ぜひお立ち寄りください。

ginza_2012november21_re.jpg


『束の間のかたち かがやきの詞』

降り注ぐ雨が雪にかわり、積もってゆく
また雪が溶け、露にかわり霞みとなり雲となる
そして、また 雨となる…

熱を加えて溶けゆく樹脂も同様、再生するごとに異なる美しさと束の間のかたちを魅せてくれます。そんなプラスティック本来の美しさと暖かさを表現した作品「束の間のかたち かがやきの詞」は、PET BOTTLE等をつくるプラスティック成形メーカー本多プラスがデザイン・制作、アーティスト青木美歌がアート監修を手掛けています。

一般的には金型を使って大量生産する PET樹脂を使用し、新しいもの作りの形として本多プラスがスタートさせたクラフト“ame(雨)”。
PET素材にてハンドメイドされたhappy、active、merry、enjoyなどポジティブなワードが降りしきる作品に、ELTTOB TEP ISSEY MIYAKEオリジナルのワードをプラスして、幸せが溢れるようにと願いを込めてお届けします。


デザイン・制作:本多プラス株式会社 ame Dept.
アート監修:青木美歌

HaaT -lattice- スタート

12/11/01 11:25 AM
Category: NEWS

本日より、2Fではインスタレーション「-lattice- 格子」の展示とHaaTの今秋冬のラインナップが登場しました。

ginza_2012nov01_02.jpg

ginza_2012nov01_03.jpg

ginza_2012nov01_01.jpg

『PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE』発売

12/10/31 11:00 AM
Category: NEWS

タッシェン刊行『PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE』の販売がスタートしました。

ginzaPL_2012nov01_01.jpg

ginzaPL_2012nov01_03.jpg

ginzaPL_2012nov01_02.jpg

HaaT -lattice-

12/10/29 2:56 PM
Category: NEWS

2012年11月1日(木) ー

ginza_HA2012oct29_fnl.jpg

11月1日(木)より、伝統の素材や技術、日本のデザインとインドのクラフツマンシップを通して、手の温もりが伝わり、長く楽しめる服とアクセサリーを提案し続けるHaaTより、今シーズンのラインナップが揃います。
同日より、船場店に続き、インテリアデザイナー関 洋氏による間伐材を使ったインスタレーション「–lattice– 格子」の展示がスタート。
また、軽やかに弾むチェック柄の大判ストール”クレープタータンリバイバル”の銀座店限定色が登場します。この機会にぜひお越しください。


関 洋 Hiroshi Seki|インテリアデザイナー
1966年静岡県生まれ。インテリアデザイナー真保毅氏に師事した後、セキデザインスタジオ設立。店舗、住宅、家具、生活用品など、暮らしに関わる空間とプロダクトのデザインを手掛ける。オリジナルブランド「素のもの」の企画販売も行っている。

outerwear collection

12/10/11 2:02 PM
Category: NEWS

2Fスペースでは、各ブランドからのアウターウエアを中心としたラインナップを取り揃えました。充実した冬の装いをご覧いただけるこの機会にぜひご来店ください。
ginza_2012oct11_2nd.jpg

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE

12/10/11 1:38 PM
Category: NEWS

革新的な服づくりを行っている三宅一生の《PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE》のすべてが、一冊の本になりました。ドイツ・TASCHEN(タッシェン)出版。1993年に誕生したブランドの歴史を辿り、この服の持つ普遍性、革新性、魅力について、約400点の画像と書き下ろし原稿で紹介します。

ginza_2012oct11_wd.jpg

コンセプト、編集ディレクション: 北村みどり
19.6 x 24.9 cm、576ページ、フレキシカバー
英語・日本語・仏語の3カ国語併記
4,500円(税込)
2012年10月31日(水)日本発売

本に関するお問い合わせ先: タッシェン TEL 03-3524-2321

New items for October

12/10/03 4:22 PM
Category: ITEM

10月4日(木)より、新商品が登場します。
** ISSEY MIYAKE **
IM_ginza_2012oct_01.jpg
・光を放つような箔プリントを施したコットンバゲット。
・ソフトな風合いでエレガントな仕立てのコートシリーズ。


IM_ginsem_2012oct_02.jpg
・メタリックなフェイクファーを使ったシリーズ。




** ISSEY MIYAKE MEN **
MEN_ginza_2012oct_01.jpg
・柔らかな風合いと製品染めによるギャザリングが特徴的なコート。
・アルパカウールを混紡した風合いがソフトな着心地のコート。


MEN_ginsem_2012oct_02.jpg
・使用する糸、織りで表情をもたせ、仕上げにツイスト加工を施したストール。




** PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE **
PL_ginza_2012oct_01.jpg
・アメリカ アリゾナの秘境といわれるTHE WAVEの、193万年間に蓄積された縞状の砂岩を、ダイナミックに表現したシリーズ。
・力強い大地と地熱を表現したマンスリーカラーシリーズ。
・フードのスナップボタンをとりはずせば、3-WAYの襟を楽しむことができるコート。




** BAO BAO ISSEY MIYAKE **
BB_2012oct_01.jpg
・ミラー素材のPRISM PLATINUMに新たにピンクとイエローが加わり再登場。


BB_2012oct_02.jpg
・秋らしい落ち着いた深みのある新色が登場。

9月27日 2階 オープン

12/09/27 3:29 PM
Category: NEWS

2階 フロアがオープンしました。
オープニング・スペシャル企画として、2階 フロアでは10月10日(水)までISSEY MIYAKE MENの2013年春夏コレクション「PAPER / LIGHT / CYCLING」の服をどこよりも早く紹介しています。期間中は、展示商品のご予約も承りますので、ぜひこの機会にご覧ください。

ELTB_2012september27_01.jpg


ELTB_2012september27_re.jpg


UNIVERSE ⇄ UNIVERSEスタート

12/09/01 12:47 PM
Category: NEWS

新インスタレーション「UNIVERSE ⇄ UNIVERSE」とともに9月の新商品が登場しました。

“毛糸を武器に世界を編み包むハイパーニットクリエイター”として、世界を温かく繋げることを”ミッション”に、毛糸を使ったアート作品を制作する力石 咲氏。

毛糸で編まれた、陸地に五つの目をもつ地球儀のロボット’ManGlobe’は、一本の糸から世界を温かく繋げるべく活動する作家のパートナーであり、シンボル。

この作品をメインに、「UNIVERSE ⇄ UNIVERSE」として作り上げられた、本展示には、「宇宙に飛び出して眺めてみれば、’ManGlobe’は地球そのものなのではないでしょうか。そこには国や人種を越えて、ただただ人類は地球というひとつの星に住んでいる、という事実があるのです。そして、果てることのない宇宙への夢もまた、人類共通のものなのです。」という、力石氏の想いが込められています。

ELTBginza_2012sep01_re.jpg

力石 咲(ちからいし さき)
2004年、第7回文化庁メディア芸術祭アート部門推薦作品選出、第9回学生CGコンテストインタラクティブ部門最優秀賞受賞。2005年に初の個展を開催。2009年、ゴールドコーストでの創作活動をきっかけに、出会った人を編む・空間を編むといった”世界を編み包む”をスタート。以来、個展、ワークショップ、ライブニット等多方面にて”ミッション”を遂行中。